インドって東南アジア?

デリー大学留学中。ヒンディー語の能力向上、インドを知り、自分を見直すためのTHE自己満ブログ。

「なぜ」

なぜ、が苦手だ。自分にとっていつもなぜ、は歯痒いものだからだ。世間一般でマイナー言語のヒンディー語を学ぶのはなぜ。毎日10人くらいしか見ていないブログを続けるのはなぜ。なれるわけがないのに、そんな夢を見るのはなぜ。なぜ。なぜ。確かな決意があって始めたことも、正面からなぜ、を突きつけられると上手く言えなかったりして、そして自分の中にある表向きの理由と裏向きの理由に向き合わせられたりして、途端に先が見えなくなってしまう。

今日の記事は、「宗教」というなぜ、にあふれるカテゴリーに関してだが、日本人にはわからない部分が多すぎて、大体知ったかぶりをするか、無知を隠して無視するカテゴリーだ。なぜ、を突きつけやしない。突きつけたってわからないからである。

 

今日の記事⇒10/10,2018 Dainik jagran「内閣の決定:今や政府の監督の中にあるナイミシャーニャ、デーヴィーパータン、ヴィンディヤヴァーシーニーのメーラー」

 

「宗教的聖地の振興と、ヒンドゥー精神のアジェンダを増加させているヨーギー(ウッタル・プラデーシュ)州政府は、重大な決定を下した。ヴィンディヤチャル、デーヴィーパータン、そしてナイミシャーニャといった3つの主要な権威ある祭壇で開かれる歴史的なメーラーは、今やその地方自治体の監督の中で行われるのではなく、ウッタル・プラデーシュ州政府自身の監督下で行う、ということである」

f:id:yhkDELHI:20181012203058j:plain

「パールヴァティー、ヴィンディヤヴァーシーニー、そしてパーテーシュワリーのメーラーにかかる出費の重荷は州政府によって負担される。本年度は、ナイミシャーニャ(パールヴァティー)には600万ルピー、デーヴィーパータン(パーテーシュワリー)には484万4千ルピー、そしてヴィンディヤチャルにおけるメーラー(ヴィンディヤヴァーシーニー)には414万9千ルピーの補助金を与える予定だ」

ヒンドゥー至上主義政策を推し進めるウッタル・プラデーシュ州の州首相ヨーギーは、ヒンドゥー教の宗教行事であるメーラーを州運営として支配下に置き、莫大な補助金を与えることにした。

「ヴィンディヤヴァーシーニー祭壇のメーラーの開催は、今、ヴィンディヤ振興委員及び9つの職務責任者部局によって一緒に行われているが、この運営も県行政長官によってなされるようになる。スレーシュ・カンナーは、主要地域より北で行われるメーラーは、州政府によって行われることになるという。そしてまさに同様な補助金も与えられるという。州政府運営になった後、州政府はこの3つのメーラーにおいて、敬虔な信者たちに対し基本的な便宜を図らせるだろう。州首相ヨーギー・アーディッティヤナートは全県、全国、世界の形で見られるメーラーの適切な体制、開催の成功、そして州運営の宣言をした」

要はヒンドゥー教のメーラーに金を使い、盛大に行おうとすることがヒンドゥー教徒の支持を取り付けることにもつながるのだろう。加えて。

「アラーハーバードのクンブ・メーラーの4つの場所では聖者たちに対して中央は滞在先を建設するだろう。これで5千5百ルピーの出費となる見込みだ。州政府のプラヴァクター・シュリーカント・シャルマーは、メーラーの運営を行う役人は、アタル・アカーラー、アライルにあるサッチャー・バーバー・アシュラム、アロッピ・バーグにあるブラフマーのいるシュリーシャンクラーチャーリエ・アシュラムなどに聖者たちが滞在できるように基本的な滞在先を作るための提案をした」

結局その建物を作る会社やデザインをする会社は州政府によって指定され、そして承認された。とにかくえげつなく金かかる見込みである。日本もいつだって多数派が勝つ社会だけれど、無知な自分にはやはり行き過ぎた「贔屓」にも見えてしまう。これが当たり前になればインド上級者なのだろうか。そうなるのが良いのかはもはやわからない。

 

なぜ広大なウッタル・プラデーシュ州なのに、ヒンドゥー教徒にだけお金を使おうとするの。なぜ他に必要なインフラ整備にお金を使ったりしないの。

なぜ、ただ古くからの言われがあるだけで、田舎で、栄えているわけでもないこれらの場所が聖地なの。

神に祈ったって、別に何もないよ、なぜ寺に人が集まるの。

なぜみんなお金を払うの。

なぜ宗教儀礼をするの。

なぜ宗教を信じるの。

 

なぜ。なぜ。なぜ。調べれば簡単にわかることもある。ただこういうことや、個人的な事柄にはなぜ、を追及しすぎないのが大人だと思う。なぜなら一言、お前の知ったことではないからである。

 

(元記事:https://www.jagran.com/uttar-pradesh/lucknow-city-cabinet-decision-for-several-proposals-18519811.html